NO KODAWARI, NO LIFE.

生活の「コダワリ」を綴ったブログ。

お外で珈琲タイムにピッタリのドリッパーMUNIEQ Tetra Drip

珈琲大好きなTAKEPIXです。

 

珈琲はお家だけじゃなくて、外で飲むとまた格別。

海や山や公園でも美味しい珈琲は至福のときだと感じている方がたくさんおられるでしょう。

 

外で使うドリッパーはたくさんありますが、最近使っているドリッパーはこちら。

 

 

 

munieq.com

 ラインナップも様々で、素材はPP、ステンレス、チタンがあります。

使用の決め手は、

・コンパクト

・軽い

・おしゃれ

 

f:id:takepix:20180815105824j:plain

たたんだらこんなにコンパクト。

f:id:takepix:20180815212655j:plain

 

ガスやガソリンは使わない!自然の燃料で料理する、ネイチャーストーブ。

 アウトドア初心者のTAKEPIXです。

 

ガスシングルバーナーやアルコールストーブ、固形燃料でテキパキと料理もいいけど、のんびりと焚き火で料理も楽しい時間です。

 

焚き火は見ているだけでも癒やされますしね。

 

買ってみたネイチャーストーブがこちら。

組み立て式でコンパクトになるタイプです。

ただし、二次燃焼などは無くただの筒です。下には受け皿が必須です。

 

 

 そしてこちらが、二次燃焼システムのウッドストーブ。

強い火力ですが、ある程度しかコンパクトにはなりません。

 収納時はこんなにコンパクトになります。

f:id:takepix:20180712123734j:plain

f:id:takepix:20180711092533j:plain

 燃料の枝を見つけて珈琲タイム。

焚き火で珈琲もいいものです。

 

 

 

 

B5ノートのすすめ

メモで悩むTAKEPIXです。

 

これまでもメモのサイズはいろいろ変化してきています。

takepix.hatenablog.com

takepix.hatenablog.com

takepix.hatenablog.com

 

現在はB5ノートに落ち着いています。シンプルな大学ノート。

コクヨ キャンパスノート 5冊パック 5色アソート B5 B罫 30枚 ノ-3CBX5
by カエレバ

 

B5ノートに落ち着いた理由

  • 外よりも机のあるところでメモを取ることが大きくなってきた
  • 小さい字が書けなくなってきた…^^;
  • どこにでも安く売っているのでコスパが良い
  • 大は小を兼ねる。なんでも書ける。
  • 情報の一元化は守りたい

やはり情報は一つにまとめたい。


ちょっとメモしなきゃと思っても、A7、B7などのサイズだとぱっと開けず、結局机にあるコピー用紙や裏紙なんかに書いちゃいます。で、どこに書いたか判らなくなる。

B5ノートは机の上に開いて置いておくことが出来るので、すぐにメモが取れると言う訳です。

一応カバンなどには、ポストイットをいくつも忍ばせておき、書いたらすぐにノートに貼るようにしています。

 

次は一周回って「B7ノート」とか言ってるかもしれません...

 

ラージメスティンで燻製するも....

 なかなかアウトドアに行けなかったTAKEPIXです。

 

GWついにやりたかった燻製にチャレンジ。

 

用意したもの

trangia(トランギア) ラージメスティン TR-209 【日本正規品】
by カエレバ

 

BK 18-8 長バットアミ 22型
by カエレバ

 

尾上製作所(ONOE) スモークチップ サクラ 500g ON-1323
by カエレバ
折り畳み式アウトドアピクニック用ガスバーナーキャンプストーブ分離式コンパクトスチールストーブキャンピングストーブミニガスバーナ軽量収納箱付
by カエレバ
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) BBQ用 厚手 アルミホイル らくらく便利シート 厚口 ワイド 60ミクロン 3MUG-3210
by カエレバ

具材

  チーズとベーコン

 

 

中に入れる網は直置きだと近すぎるので、少し高くしたいのでこんなのを作成。

f:id:takepix:20180508230538j:plain

f:id:takepix:20180508230555j:plain

チーズとベーコンを置いて、分離型のガスコンロでいざスタート。

f:id:takepix:20180508230515j:plain

 

数分立つと煙が上がり始め、良い香りがしてきます。

 

蓋をそっと開けると、いい色の燻製が出来上がりました。

(写真がないのはこの後のショックで..)

 

f:id:takepix:20180508230645j:plain

ガスがあたった部分のアルミが溶けてしまいました...

f:id:takepix:20180508230735j:plain

外でバーナーの火が見えず、かなりの高火力だったのでした。

 

次回への反省点

エスビット+固形燃料で行う

Esbit(エスビット) ポケットストーブスタンダード(固形燃料4g×20個付) ES20920000
by カエレバ

・UNIFLAME バーナーパッドを使う

ユニフレーム(UNIFLAME) バーナーパットM 610688
by カエレバ

次回こそ...

 

アウトドアで活躍するナイフ2選

最近キャンプのためにナイフを購入したTAKEPIXです。

 

キャンプやBBQに行くと、ナイフが欲しくなりす。

・料理に使いたい。

・ロープなどの切断

・薪を割りたい

・持ってると格好いい

 

ただナイフと言っても高いものは手が出ませんし、切れない安物のナイフは使いたくないものです。

 

おすすめ料理用ナイフ

私も使用している”料理用ナイフ”はこちら。

OPINEL #9

OPINEL(オピネル) ステンレススチール #9 41439 【国内正規商品】

新品価格
¥1,698から
(2018/3/20 11:27時点)

切れ味抜群で、なんと言っても安い。

サイズも豊富ですが、#9が私のお気に入り。

素材もカーボンもありますが錆びにくいステンレスが良いと思います。

因みに”OPINEL”はフランスのナイフでこだわって使っている人が多いです。

私も4本所有しています。

検索すると面白いワード

”黒錆加工”、”オイル漬け”、”グリップ加工”

 

ブッシュナイフ

料理以外になんにでも使いたいナイフの代表はこちら。

 Mora Knife Companion Heavy Duty MG

モーラ・ナイフ Mora knife Companion Heavy Duty MG

新品価格
¥2,590から
(2018/3/20 11:37時点)

スウェーデンのナイフメーカーのナイフで、こちらも安いのに刃が素晴らしい。

刃の厚さが3.2mmもあるので、相当ガンガン使って大丈夫です。

 

焚き火の際に薪を削ったり、フェザースティックにも使えます。

メーカーは推奨していないようですが、バトニングもこなせます。

私もバトニングに使用しています。

これだけで来て、ケースも付いて、信頼できる品で安い。

かなりおすすめナイフです。

この2本があればキャンプで十分でしょう。

 

自作アルコールストーブの火消し蓋作成

Outdoorも好きなTAKEPIXです。

 

手軽なコンロとして「アルコールストーブ」があります。

 

 

市販も十分安いのですが、色々なサイトや動画サイトで、アルミ缶を使った「自作アルスト」が紹介されています。一回は作成したこともあるでしょう...^^;

 

f:id:takepix:20171211160052j:plain

簡単に作れて火力も十分なのですが、市販品にあるような「火消し蓋」があると便利だな...と思っていまして、いつか作ってみようと。

 

既製品を確認し、どうやって作るかを考察しました。

f:id:takepix:20171211160114j:plain

 100均でスカートのホックの真ん中のパーツが使えそう。

大きなクリップを伸ばして曲げて...なんとかなりそう。

f:id:takepix:20171211160327j:plain

曲げて、くっつけて、缶の底に穴を開けて..

f:id:takepix:20171211160344j:plain

f:id:takepix:20171211160432j:plain

f:id:takepix:20171211160445j:plain

f:id:takepix:20171211160457j:plain

もちろん折りたためます。

f:id:takepix:20171211160525j:plain

なかなか良い出来ですね。

「自作アルスト」使っている人は是非試してみて下さい!

 

アジングのラインはフロロ?エステル?PE?

なかなか鯵が釣れないTAKEPIXです。

 

魚は釣れないのにラインは消耗するものです。

 

やっぱりPEがいい?いやいやフロロでしょ。エステルもいいよー

といろんな声が聞こえてきますが、今回私が探しているのは「フロロカーボン」

ネットでは何が良いのか専門的な記事が多いのですが、あくまでも初心者の簡単な考えです...

 

ラインの特徴を簡単におさらい

・感度が良い

小さな魚を0.6gから1.5gぐらいの軽いジグで釣るわけですので、感度が大事です。

ビヨーンと伸びてしまってはアタリがわかりません。

・比重は重く

軽いジグを鯵が居るそこの方へ到達させるのに、比重が重いラインが必要です。

風邪に煽られたり、沈みにくいラインよりは高比重なラインが良いです。

 

私の選び方

まだまだ初心者ですが、アジングに使用するリールは2つあります。

1つ目のリールにはエステルラインを巻いています。

理由は感度が良い。初めてエステルで鯵を釣った時に「コン!」というアタリが感動的でした。最初は「サンライン(SUNLINE) ソルティメイト 鯵の糸 エステル 240m 」を使用していましたが、「鯵の糸0.25号」ときて現在は「ゴーセン(GOSEN) ルミナシャイン(LuminaShine) 200m 0.2号 」を使用しています。

どちらも巻が多いので2回に分けて使用できてとっともお得です。

エステルラインは比重が重く感度が良い。一度使うと病みつきになります。

 

2つ目のリールはフロロカーボンを巻いています。今回これを巻き直します。

フロロにしているのは、比重が重いの加えスレに強い。そして何よりも0.5号を巻くことでリーダーを無しでジグ直付けが出来る事が大きいです。

夜のアジングで細いラインにリーダーを結ぶのは、老眼始まりの私には試練です。

そんな時のためにリーダー無しの直付け0.5号フロロを巻いておくわけです。

これまで使用していたのは、「ユニチカ(UNITIKA) ナイトゲーム THEアジ FC 150m 2lb 」です。

今回も色々探しましたが、値段と使い慣れているので同じものにしました。

 

そろそろメガネしないと釣りが出来ないかな...